組合概要 OVERVIEW

概要

組合名
四海漁業協同組合(SHIKAI FISHERY CO-OPERATIVES)
設立
昭和23年10月8日
組合員数
129名(正組合員65名・准組合員64名)
水揚高
724,567千円(令和元年度)
職員数
6名
役員数
8名(理事5名・監事3名)
漁船隻数
259隻

沿革

昭和22年
旧四海村三漁協(長浜漁協・小江漁協・伊喜末漁協)が合併統合され、四海漁業協同組合となる。
平成27年
新事業としてハモの共同集出荷事業に着手。
平成28年
小豆島で漁獲されたハモのブランド化事業を開始。
ハモの活魚施設増設(建屋、水槽、冷水装置、海水濾過装置)。
平成29年
加工施設建設と共にハモ加工事業を新た開始。
平成30年
浜の活力推進プラン優良事例「農林中央金庫理事長賞受賞」
令和1年
中国四国農政局「ディスカバー農山漁村(むら)の宝 第6回」選定

組織図

組織図

組合長挨拶

昨今の漁業経営においては、
漁獲量・漁獲高の減少、後継者不足など益々厳しさを増す中、
漁業活動を支えるべく漁協の役割が重要性を増しております。
そのためには、漁業者と漁協が一丸となり、組織及び経営基盤の強化が課題であります。
当組合では底曳(そこびき)網漁業、海苔養殖漁業、刺網漁業が盛んに行われているところ、
鱧のブランド化に取り組むことで、漁村の活性化を促し漁業経営を円滑に進め、
地元地域への貢献、雇用創出など、小豆島経済全体への波及を目指してまいります。

お問い合わせは
こちらまで

Scroll Up